通学 防犯

近年大きな問題となっており、お子さんを持つ保護者の方が頭を悩ませている問題の一つが、日々の生活の中に潜む、様々な危険に対しての防犯対策ではないでしょうか。通学の時間に加え、放課後の習い事や塾など、子供だけになる時間や一人で外出しなければならないシチュエーションは幾つもありますから、対策が必要になります。もちろん大人の目がある環境が一番良いのですが、常に誰かが居るわけではありません。そこで、子供たちを守る為に活用したいのは子供向け防犯グッズです。携帯することで危ない状況になった際にいち早く周りに知らせることや、自分を守る為に役立てることができるのです。防犯グッズには様々な用途やデザインが登場していますから、どのようなものがあるのか、代表的なものをご紹介します。

防犯グッズの種類とおすすめの選び方とは?

防犯グッズには多くの種類があります。最もポピュラーで多くの子供が持っているものは、防犯ブザーでしょう。キャラクターのプリントがされたものや、可愛らしいカラフルなデザイン、高学年男子でも持ちやすいスマートなデザインなど、数多くの種類から選ぶことが出来ます。その中から選ぶポイントとして、通学に使うならばランドセルに取り付けやすい形状であること、そして特に低学年の場合はブザーを鳴らす為に引き抜くピンに紛失防止の対策がされているものが良いでしょう。また、予備用も買っておくことをおすすめします。故障の際にすぐに付け替えられますし、通学以外の外出にも利用できます。他に手軽に導入できるグッズとして、持ち物に付けた名前が読み取りにくくなる名前シールや、裏返せる名札を利用すれば個人情報を知られることを防ぐことが出来ますのでおすすめです。

子供を守るために大切なこととは

例えば新年度から一年生になるお子さんがおられるのでしたら、入学準備の為に揃える物品リストの中に、防犯ブザーなどを入れておいてください。初めて一人や子供だけで通学をするということで、心配をされる方も多いでしょう。いざという時の事を考えて準備しておきます。ここで大事なのは、買って持たせておくだけで終わりではないということです。まずは使い方をきちんと説明しておくこと、例えば防犯ブザーなら、音の鳴らし方、止め方などを説明しておきます。また、いたずらに鳴らさないようにすることと、このブザーは危ないと感じた時に鳴らすものであるということをよく話しておきましょう。このように子供の身を危険から守る為の一つの手段として持たせておくと安心な防犯グッズは、是非身に着けさせてあげてください。