通学 防犯

不審者による子どもを狙った犯罪は現代社会でも多発しており、お子さまの通学を心配している保護者の方も多いことでしょう。通学路は安心だと思われがちですが、死角があったり危険な場所も存在し油断はできません。毎日の通学を心配されるそんな保護者の方に、いろいろな防犯グッズをご紹介します。防犯グッズの代表的なものに防犯ブザーがあります。ボタンやひもを押したり引っ張ったりすることで大きな音が鳴り、周りに異変を知らせるものですが、持っていることが犯罪の抑止力にもなります。また、新入生の子どもたちがよくランドセルにカバーを付けている姿を見ますが、あのカバーも実は大切な防犯グッズなのです。不審者は背後から近付いてくることが多くランドセルをつかもうとします。しかし、ランドセルカバーだけが引っ張られるのでその間に逃げることができるというわけです。

通学用防犯ブザーの気を付けるべき注意点

防犯ブザーは、付けて置く個所などいくつかの注意点があります。通学中の緊急時いざ鳴らさなくてはいけなくなった場合に、お子さまが防犯ブザーに手が届かなくては全く意味がありません。防犯ブザーはランドセルの肩紐のDカン部分に取り付けるといいでしょう。また、新入生のうちはふざけて紐を引っ張ったり、無意識に手が当たってしまい大きなブザー音が鳴ってしまう可能性もあります。ブザー音が日ごろから鳴っているようでは、いざ緊急時に周りに気づいてもらえません。防犯ブザーの鳴らし方はしっかり教えなければいけませんが、緊急の時に気づいてもらえるように普段は鳴らさず、緊急のときにだけ鳴らすよう言い聞かせることも大事です。また、電池が切れていて音が鳴らないことがないように定期的に鳴らして確認しましょう。

通学時に子どもに持たせたい最新の防犯グッズ

通学時の防犯グッズもどんどん進化しており、大変便利なものも登場しています。GPS機能のあるキッズ携帯は子供の居場所を把握でき、連絡が取りやすい点でお子さまに持たせる保護者の方も増えています。キッズ携帯に防犯ブザーが付いているとさらに安心です。注意点は、携帯の持ち込み自体を禁止している学校もまだ多いですし、月額料金がかかりますので確認しておきたいところです。また子どもが簡単に使えるシンプルなもの、インターネット閲覧ができないもの、メールや通話の機能が制限されたものを選ぶこともポイントです。通学時の防犯対策は、防犯グッズに頼るだけではなく、地域の協力や助け合いのこころ、友達とのかかわり方も重要です。日ごろから家族で防犯について話し合い、お子様自身の身を守る意識も高めておくといいでしょう。