通学 防犯

子供が学校に通学する際に気になるのが、突然の交通トラブルや犯罪に巻き込まれないかどうかです。特に、学校までの通学距離が長かったり、車の交通量が多い箇所が通学路になっていたりすると、親も不安になるかと思います。そこで、活躍するのが防犯に関するグッズです。近年では、その種類や用途も増え、今では通学する子供の多くが、何かしらひとつは防犯グッズを持つか防犯サービスを利用するようになりました。また、防犯グッズは、学校に行く時だけではなく、習い事や友人の家へ行く時などにも効果を発揮します。しかし、防犯グッズにも様々な機能があり、値段も安いものから高価なものまでいろいろあります。そこで今回は、防犯グッズにはどのような種類や特徴があるのか、また価格はどれくらいなのかについて紹介します。

通学の際に必須の定番の防犯グッズについて

防犯グッズの中で、定番になっているもののひとつに防犯ブザーがあります。ボタンを押す、紐を引っ張ることで大きな音を鳴らします。通学中に自分が危険な状態にあることを周囲に知らせることができますし、急に大きな音が響けば、犯人も驚いて危害を与えないですむかもしれないといった抑止力の効果があります。価格も千円代から手に入れることができます。種類もたくさんあり、見た目も、キャラクターがデザインされているものから、モチーフもののおしゃれなものまであって、子供たちも自分の好みの防犯ブザーを選ぶことができます。また、機能面でも、防水加工になっているものや、音ではなく音声で叫び声が出るものもあります。どうしても、子供たちが遊んでしまうこともあるので、注意が必要ですが、とても便利で安心です。

まだまだある防犯グッズやサービス

防犯グッズは、防犯ブザー以外にもあります。例えば、通学の際に使う、傷や雨水からランドセルを守るためのランドセルカバーにも防犯用として作られた変身ランドセルカバーもあります。犯人にランドセルを掴まれた時に、カバーがするっと取れて防犯ブザーが鳴るような仕組みになっています。価格も防犯ブザーと変わらないくらいの価格です。また、防犯ブザーが隠れて見えにくいデザインになっているカバーなどもあります。また、近年注目されているのが、子供用のスマートフォンによる見守りの機能です。GPS機能や防犯ブザー機能がついているので、子供と離れていてもどこにいるのか分かって安心です。いざという時は、警備会社がかけつけてくれるといったサービスもあります。月額料金もそれほど高くないので、検討してみるのも良いでしょう。