通学 防犯

新入生が通う初めての道、友達と通いなれた道を歩く楽しい時間。通学路は、子供達にとって安心して登下校ができる道を利用しているはずですが、思いがけない犯罪が待ち受ける場所であるということを忘れてはいけません。通学路は子供達が決まった時間に集団で行動する場所でもあります。何かしらよからぬことを企む人物には好都合の条件がそろっています。不審な人物から狙われないように防犯グッズを持たせることは、わが子の身を守る方法としてすぐにできる対策のひとつといえます。いざという時に使いやすく、周りの人たちに危険が迫っていることを瞬時に知らせるタイプのグッズや、不審者がひるむ効果があるタイプのものを選びましょう。防犯グッズは、使用する子供の年齢に合わせて選別しましょう。高機能でも携帯している子供が使いこなせなければ、いざという時役立ちません。

様々な防犯グッズで通学時の子供を危険から守る

年齢によって通学スタイルや時間が変わってくる子供達。時代とともに防犯グッズも種類が豊富になり、より安全に通学することができる反面、子供に向けられる犯罪動機が複雑になり、残念な結果が後を絶ちません。子供が成長するごとに、その行動範囲は広がります。状況に合わせて防犯グッズを持たせてあげましょう。年齢問わず携帯させやすい防犯ブザーやホイッスルなどは機能的にはシンプルですが、周囲の人に察知してもらいやすく不審者を威嚇するのに役立ちます。登下校や塾通いといった、移動ルートや行動範囲が日によって変動する場合は、GPS機能やアプリを使って遠隔見守りをおこなう方法があります。個人で管理するアプリでの見守りや、警備会社が運営するサービスなどを使いこなし、ご家庭の環境に適した方法で大切なお子さんを守ってあげましょう。

我が子の通学が防犯グッズでより安全な道になるために

防犯グッズを持たせたからといって、それだけで身の危険が回避されるものではありません。自治体がおこなっている通学路の整備状況や防犯対策の把握、実際にその道を歩いているお子さんの危険に対する認知度の確認、保護者の方が現地に出向いて危険個所を確かめたりと、直接的に現状を知るところから防犯対策を始めましょう。また、防犯グッズの定期的なメンテナンスも忘れずにおこないましょう。いざという時にバッテリー切れで作動しなかったり、部品の劣化で上手く機能しなかったりでは宝の持ち腐れにしかなりません。通学路の環境に見合った防犯グッズを持たせてあげることで、保護者の方の安心感も増し、子供達の通学に対する不安解消にも役立ちます。共働きの家庭の増加、地域住民の高齢化で減っていく「安全監視の目」のサポートとして、見守りの助けになる防犯グッズを賢く利用したいものです。