犬を預ける際は持ち物の部分までしっかりと考えてあげる

食べ物を一緒に預けてあげると良いでしょう

旅行する場合や、仕事で出張する関係で、犬を預ける必要がある状態になってしまう人もいます。この場合は持ち物をしっかりと考えて行動するようにしましょう。何も考えないままで預けてしまうと、性格が変わってしまったり、極端にストレスを抱えてしまうなどの場合もあるので十分に注意をしなくてはなりません。1番最初に考えなくてはならないのは、食べ物だと言えるでしょう。食べ物が変わってしまうと、全く食べなくなってしまって、体重が極端に落ちてしまい、病気にかかってしまうなどの場合もあります。あまり長い日数ではない場合は問題ないかもしれませんが、1週間以上預けなくてはならない状態になる場合は、いつも食べている食べ物を一緒に預けるようにしましょう。食べ物も一緒に預けてあげると、体重が極端に減ってしまうことを防げますし、さらに犬がストレスを抱えて食べなくなってしまうそして性格が変わってしまう状態も防げます。

いつも寝ている環境に少しでも近づけてあげる

人間でも同じ部分がありますが、生活する環境が大きく変わってしまうと、睡眠が取れなくなってしまうなどの場合もあります。誰かに預かってもらわなくてはならない状態になると、生活をする環境が変わってしまうので、少し睡眠が取れなくなってしまうような犬もいます。いつも生活をしている環境に近づけてあげると、睡眠が取れなくなってしまい吠えてしまうなどの状況を避けられます。飼われている環境によって異なりますが、毎日同じ場所で寝ているなどの場合もあります。この場合は寝ている場所にある敷物などを一緒に預けてあげると良いでしょう。敷物には自分の匂いがついているので、預けられても安心しますし、数日経てば環境にも慣れて睡眠を取れないなどの状況を避けられます。持ち物の中に敷物含めない人もいますが、必ず含めてあげるようにしましょう。

普段使っているリードも渡すようにしましょう

さらに重要になってくるのはリードになります。散歩をする際にリードをつける人がほとんどになりますが、このリードが少し違うだけでも散歩に出るのを嫌がる場合もあります。自分勝手に行動するのを避ける目的でつけるのがリードになりますが、必ず普段使っている物と同じ物を使ってもらうようにしましょう。極端にたくさん持ち物を準備する必要はありませんが、預ける際に重要になってくる物もあるので必ず確認をした上で誰かに預かってもらいましょう。

ピックアップ記事一覧